【やりがいのある仕事とは】~仕事にやりがいを持たせる4つの方法~

やりがいのある仕事とは人生を豊かにする

以前、モチベーションを上げるためにはやりがいのある仕事が前に進むのが最重要ポイントであることをご紹介しました。では、やりがいのある仕事とは何なのでしょうか?今日は「やりがいの意味」と「仕事にやりがいを持たせる4つの方法」をご紹介します。マネージャーや仕事にやりがいを持てない人には必見の内容です。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

やりがいのある仕事とは

やりがいのある仕事とは自分の仕事が誰か(自分や友達や顧客など)にとって価値のあるものだと自分が認識することです。飲食店の皿洗いバイトや、検品作業を考えてみてください。これはやりがいが全然ありません。なぜなら、仕事をすることで誰かに貢献したという認識がしづらいからです。自分が誰かのために役立っていると認識することでやりがいが生まれます。では,社員にやりがいを持って仕事に取り組んでもらうには具体的に何をすればいいでしょうか。次は「社員の仕事にやりがいを持たせる4つの方法」をご紹介します。

社員の仕事にやりがいを持たせる方法

社員の仕事やアイデアに目を向ける

社員の仕事やアイデアにしっかりと目を向けることで、社員に信頼感を与えることができます。一方で、マネージャーが社員の仕事をいい加減に評価すると、社員はやりがいをなくしてしまいます。皆さんも一度は意見を無視されて、腹を立てた経験はあるはずです。社員のアイデアや意見は無視せず、しっかりと聞きましょう。

当事者意識

社員に責任を持たせることで社員は「信頼されている」という感覚を抱きます。信頼された社員は意欲を持って仕事に取り組むことができるのです。一方で、当事者意識を持たせないと社員はいい加減に仕事をこなし、パフォーマンスも低下してしまいます。当事者意識を持たせるために仕事はなるべく社員に任せましょう。

仕事の意味を認識させる

仕事に意味を見出せる人は熱心に粘り強く働く傾向があります。社員の仕事がどう役立っているのかをフィードバックしましょう。顧客の喜びの声や、同僚の感謝は仕事のやる気を高めるカンフル剤となります。

能力に見合わない単純作業をさせない

優れている社員に1日中単純作業をやらせるとモチベーションが低下してしまいます。常にコピー作業をさせられるのは誰にとっても苦痛です。単純作業を任せざるを得ないときには謝罪の言葉を添え、なるべく大人数で負担してあげましょう。

まとめ

やりがいのある仕事とは自分の仕事が誰かにとって価値のあるものだと自分が認識することです。やりがいを持たせるには社員の仕事を尊重し、当事者意識を持たせ、意味を認識させることが大事です。一方で仕事にやりがいが欠けていると長時間働いても真の充実感は得られません。仕事を任せることが多い方はぜひ今日紹介した知識を使って社員を鼓舞してみてください。きっと今まで以上に熱心に粘り強く仕事に取り組むようになるはずです。今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました