【集中力を高める効果的な運動】受験生必見の勉強効率を上げる方法とは

ずっと上げる
こんな方におすすめ

・運動が好きだけど、勉強の成績が上がらない人

・脳を鍛えて、勉強ができるようになりたい人

「頭が良くなりたい」という方はたくさんいますよね。実は運動は集中力を上げたり、勉強効率を高めたりするのにぴったりな方法です。

そこで頭を良くする運動の仕方を詳しく紹介します。これを実践すれば、運動しながら勉強の成績を高められます。

勉強でたくさんの生徒を追い上げられるかもしれません。部活を引退してから勉強し始めて、一気に成績が上がったというケースがありますよね。

これは運動を頑張っていて、脳が鍛えられているからなのです。運動が好きで、勉強の成績を上げたい方には、役立つ内容となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

運動はBDNFを増やす

運動をすると、BDNF(脳由来神経栄養因子)という物質が増えます。BDNFとは肥料みたいなもので、脳細胞を新しく作ったり、育てたりします。

いわば脳の成長にとって欠かせない物質です。ある実験では、ラットに長く走らせると、脳内のBDNFが増加しました。

さらにラットにBDNFを注入させると、記憶力の向上が見られたのです。要するに運動をすると、脳細胞を育てる肥料が増加します。そのために頭が良くなるのです。

運動は実際に成績を上げるのか?

「運動だけで本当に成績が上がるの?」と疑う人もいるかもしれません。自分もも運動するだけで、脳が鍛えられると思っていませんでした。

しかし日本で行われた研究では、週に2~3回、12週間のジョギングをしただけで、脳の遂行機能が向上が見られました。

さらにカリフォルニア州教育局が2001年、28万人の中学生を対象にした調査でも、成績と体力スコアに相関が見られたのです。

学生の有酸素運動能力、体脂肪率、持久力、体幹、上半身の強さ、柔軟性の計6項目を測定しました。最低基準を満たしたら、1点獲得という採点方法です。

体力テストで最高得点をとった人は、1点しか取れなかった人よりも、学力テストの平均点が2倍ほど高かったのです。

要するに運動をすると、実際の学業成績を上げることができます。では一体どんな運動が効果的なのでしょうか?次にそれを紹介します。

集中力を高める運動とは?

激しい運動

一番効果がある運動は、心拍数を一定時間に渡って上げるタイプの運動です。心拍数を上げる運動は心肺機能を鍛えてくれます。

特に心肺機能が学業成績と強い相関関係を示しているため、まずは心拍数を上げる運動をしましょう。最大心拍数の8割ほどの心拍数に持っていくのがポイントです。

最大心拍数:一般的には成人男性の場合、220から自分の年齢を引いた値を理論上の最大心拍数とみなす

https://president.jp/articles/-/10350

全力疾走をするとそこまで上がるので、好きな方はサッカーやバスケなどの走り回る球技がいいかもしれません。

しかし球技が苦手な人もいますよね。自分もサッカーが苦手なため、やりたくないです。その方は縄跳びやバーピーをしてみましょう。

実は跳躍運動すると心拍数がすごく上がります。これをはあはあ言うまで全力でやるのがおススメです。

ちなみに自分もバーピーをタバタ式で毎日やっています。すると疲労が少なくなり、集中して本を読めるようになりました。

上記以外の運動でも全然かまいません。勉強の成績を上げたい方は、心拍数を最大の8割まで高めるエクササイズをしましょう。

勉強する前に行う

脳を鍛える運動の最適なタイミングは勉強の前です。頭を使う前に運動をすると、勉強効率が上がります。

なぜなら運動を終えると、脳に血が戻ってくるからです。脳に血がいくと、集中力や問題解決能力が上がります。

実は激しい運動を終えた時こそ、脳が活発に働くタイミングなのです。皆さんも勉強する前に、有酸素運動をやってみましょう。

「有酸素運動がきつい」という方は、スクワットや早歩きなど、軽めの運動でも大丈夫です。

自分も勉強する前に、必ず運動をしています。そのおかげで集中力がだいぶ上がりました。

運動するだけではNG

皆さんはこれまでの内容を読んで、「運動すれば頭が良くなる」と思ったかもしれません。しかし運動は学習効率を上げる効果しかないのです。

そのため運動しただけでは、効果を発揮できません。とある実験では、遊び道具の多いラット程、脳が大きくなっていました。

つまり新しい刺激を受けることによって、脳は成長を遂げるのです。運動は脳を鍛えてくれますが、新しい知識を学ぶとさらに成長します。

運動をするだけでは、もったいないです。無理しない程度でいいので、勉強もしっかり取り組みましょう。

スポンサーリンク

集中力を高める運動とは

脳を鍛える運動法

・心肺機能を鍛えるために激しい運動をする

・勉強する前に運動をする

・運動だけでなく、勉強にもしっかり取り組む

いかがでしたでしょうか?運動は頭を良くするのに最適です。特に勉強前に激しい運動をすると、とてつもない効果を発揮します。

「勉強の成績をよくしたい」という方はぜひ試してみてください。しかし「すぐ挫折しそう」という方もいると思います。

僕も昔は飽きやすくて、運動や勉強があまり続きませんでした。しかし心理学的に正しい継続力の高め方を学ぶと、勉強や運動を長い期間続けられます。

運動と勉強をコツコツ積み重ね、理想のキャリアを掴みたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

参考リスト

https://president.jp/articles/-/10350

コメント

タイトルとURLをコピーしました