「家で勉強に集中できない…」【自宅できっちり勉強に取り組むには】

自宅でも勉強に集中する方法ずっと上げる
こんな方におすすめ

・家でなかなか勉強できない方

・受験を安く済ませたい方

学生
学生

家で勉強なんかできないよ…

このように悩んでいる方は結構多いですよね。自分も学生の頃は、家では集中できないため、塾や喫茶店に行って勉強をしていました。

しかし望むのであれば、家で勉強したかったです。なぜならカフェの飲み物代や塾への移動時間など、コストを削減できるからです。

そこで今日は自宅でも集中するための方法を紹介します。これを実践すれば、もう塾に行ってまで勉強する必要はありません。

家で何時間も勉強することができます。外出が厳しい今の受験生にとっては、とても役立つ記事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オン・オフの切り替え

自宅で勉強するには、勉強する時間としない時間をきっちり分けなければいけません。「家で勉強出来ない」という人のほとんどは、切り替えができていないのです。

そのため勉強しようと思っても、すぐにスマホをいじってしまいます。勉強する時としない時を切り替えるには、環境を変えることが大切になります。

勉強する部屋(ON)と休憩の部屋(OFF)をしっかり決めておくのです。そして勉強部屋を決めたら、そこで集中して勉強する習慣をつけましょう。

最初は10分くらいでも構いません。勉強部屋で勉強する癖をつけることを意識しましょう。

ただしやってはいけないことがあります。それは勉強部屋でスマホやゲームをすることです。

勉強部屋でそれ以外のことをすると、習慣が身につかなくなります。もしスマホをやりたくなった時には、オフの部屋でいじりましょう。

人間の行動は環境に依存します。そのため「この部屋に行ったら勉強する」という部屋を決めておくと、家でも勉強しやすくなるのです。

しかし「部屋が1つしかない」という方もいるかもしれません。その方は以下の記事をご覧ください。環境を区別する方法を解説しています。

習慣化するには

勉強する部屋を決めたら、その部屋で勉強する習慣を身につけなければいけません。そこで習慣化のルールをいくつか紹介します。

まずは小さく始めることです。環境を決めたら5分や1問からでもいいので、小さく始めましょう。家で勉強癖をつけることが最初の1歩です。

あとはタイミングも重要になります。「風呂の後」や「歯磨きの後」など、自分の習慣の前後に行うと、身に付きやすくなるのです。これをif-thenルールといいます。

「毎日風呂に入った後、勉強部屋で1つ映像授業を見る」というように、自分なりのルールを作りましょう。

このルールを作ると、格段に習慣化の確率が高まります。習慣についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

監視

家で勉強ができない原因の1つは監視がないからです。例えば塾では、勉強に取り組んでいる人がたくさんいます。

この集団的圧力によって、自分も勉強できるようになるのです。しかし、自宅では全く監視の目がありません。

監視がないことで自分に言い訳をしたり、甘えたりして、勉強ができなくなるのです。これを防ぐには、誰かの目を置くことが解決策になります。

オススメは自分の勉強している姿をネットに上げることです。作業動画を公開しているYouTuberは結構多いですよね。

こうすると視聴者が自分を見るため、自分の集中力も上がります。しかしネットに公開することに抵抗がある人も多いはずです。

この方は友達に見てもらうのがおススメです。友達に勉強する姿を見せあいましょう。こうすることによって家でも勉強できるようになります。

また自分の姿をスマホで映すだけでも、自分が客観的に見られるため、集中力が増します。ただしその時にスマホの通知は切っておきましょう。

「家で勉強ができない」という方は、監視が目が足りないのかもしれません。

家で勉強に集中する方法

家で勉強に集中する方法

・勉強部屋を決め、そこで勉強する

・まずは短時間でいいので、勉強部屋で勉強する癖をつける

・自分の勉強する姿をネットで公開したり、友達に見せたりする

いかがでしたでしょうか?今日は自宅でも勉強ができるようになる方法を紹介しました。家でどうしても勉強できない方は、今日紹介した内容を試してみてください。

家で集中できるようになると、移動時間や喫茶店の飲み代などのコストを削減できます。

さらに今では、スタディサプリなどのオンラインで高品質の受講できるため、自分の家を塾にできるのです。こうすると、塾の授業料も節約できます。

受験を安く済ませたいという方こそ、今日紹介した内容を試して頂きたいです。

また「勉強が続かない」という方はこちらの記事がおススメです。こちらには、勉強を粘り強く続ける方法がたくさん解説されています。

スポンサーリンク

参考図書

コメント

タイトルとURLをコピーしました