【勇気の出し方】~行動する意志を高める方法3選~

勇気やる気を高める

今日は勇敢な行動を取るための意志を上げる方法について解説します。行動意志を上げれば、どんな状況でも自分の選んだ行動がとれるようになります。

「上司にNOと言えない」や「気になる人に告白できない」といった悩みを抱えている方には必見の内容です。ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

団結する

私たちは社会に同調する傾向があります。集団が持つ圧倒的な力を感じることで、勇敢な行動がとれなくなることもあるのです。

心理学者のソロモン・アッシュは被験者に基準線と同じ長さの線を答えてもらいました。図のような簡単な問題です。

しかし、これに罠を仕掛けます。自分以外の7人の解答者が間違った答えを述べるのです。自分以外の7人の解答者は全員Cと答えます。

すると、自分もCと答えるケースが多発したのです。

「線の長さ 同調」の画像検索結果

このように同調圧力により、自分の意見が言えない場面は世の中に多々あります。

しかし、反対派の1人を加えることで、同調に屈する確率が大きく低下しました。不正解の確率が37%から5.5%に大きく減少したのです。

このように1人でも仲間がいることで、同調に屈せず、勇敢な行動がとれるようになります。私たちは社会的な生物なので、目立った行動を取る際には仲間が必要なのです。

権威への対抗はとても勇気がいります。しかし、仲間と団結することで行動が起こせるようになるのです。

状況を作る

私たちは自分の行動が意志で行われるものだと考えています。しかし、実際はそうでありません。私たちの行動は状況によって決まることも多々あるのです。

みなさんは「ミルグラム実験」というものをご存知でしょうか?これは1963年に心理学者のミレグラムが行った実験です。

被験者に先生役になってもらい、生徒が間違えたときに電気ショックを流します。生徒が間違えていくほど、教授の指示に従い、電流を強くします。

また、電流を流した際には仕掛けられた生徒の苦しむ声が聞こえます。 一番強い電流は「×××」と書かれていたほどでした。

しかし、ほとんどの被験者は一番強い電流を流したのです。つまり、多く被験者は権威に服従し、生徒に重傷を負わせるほどの電気ショックを流しました。

これは予想する際には全く考えられません。私たちは状況次第で悪魔になり得るのです。

何か取りたい行動がある際には「その行動を取らなきゃいけない状況」を作ると実行できるようになります。

罰ゲームを作るのが効果的です。例えば告白したいと思っている場合は「1週間以内に告白しなかったら5人の友達に飯を奢る」など、自分なりの罰ゲームを作ってみましょう。

一方で「告白したら自分の好きなものを買う」というご褒美を上げるのも効果的です。

これも意志力を鍛えるのに使えます。「ブログを書かなかったら自分の好きな服をメルカリで売る」など、望んだ行動を取れなかった際の罰ゲームを設定してみましょう。

私たちの行動は環境や状況によって左右されます。取りたい行動がある場合はその行動を取らなければいけない状況を作りましょう。

あえて失敗する

失敗を受け入れる人は、勇敢な行動を取れるようになります。なぜなら、失敗に対してあまり恐怖心を感じないからです。行動意志を高めるには失敗を肯定的に捉えなければいけません。

失敗は私たちに心に痛みをもたらします。失敗は下手な行動を起こさないために働きかけるのです。

犯罪や不正行為は失敗への恐怖心があるからこそ、この行動を防げるようになります。しかし、メリットのある行動でも失敗の恐怖を感じることがあります。

それが目標への挑戦です。挑戦することに対し恐怖を感じると勇敢な行動をとれなくなってしまいます。

成功するには多くの失敗を積み重ねることが必要です。失敗への恐怖心で挑戦を躊躇すると成功できなくなってしまいます。

失敗の恐怖を克服するためには失敗を受け入れることが必要なのです。そのために失敗を受け入れる失敗許容力をつけなければいけません。

失敗許容力は自分の弱さと向き合うことで身につけられます。悩み日記をつけたり、弱みを人に話したりするのがおすすめです。

自分の弱みとしっかり向き合うことで徐々に失敗を許容できるようになります。

失敗に対して不安がなくなったときに、挑戦する回数を増やしましょう。

失敗を学びの機会と捉えることで、周りの目を気にせずに自分の望んだ行動がとれるようになるのです。

オススメ本

勇気についてもっと詳しく知りたい方はこの本をご覧ください。科学的に勇気を鍛える方法が分かりやすく解説されています。「行動したいけど勇気が出ない」と考えている方は見逃さないでください。

スポンサーリンク

まとめ

行動する意志を上げる方法

・仲間を作る

・望む行動をとらなければいけない状況を作る


・あえて失敗する


行動意志を高めるために、まずは仲間を作りましょう。仲間を一人作るだけで大きな安心感を得ることができます。

次に状況作りです。臨んだ行動を取らなければいけない状況を整えましょう。罰ゲームやご褒美を設定するのが効果的です。

最後は失敗を肯定的に捉えましょう。自分の弱さと向き合い、失敗を許容することで、不安が自信に変わります。その結果挑戦する回数が増加するのです。

この3つはとても効果があるのでぜひ試してみてください。実践することで、不安に振り回されず、自分の取りたい行動をしっかりとれるようになります。

参考文献

https://daigoblog.jp/confidence_without_evidence/

https://wired.jp/2017/05/26/milgram-experiment/

Asch, Solomon E. “Opinions and social pressure.” Scientific American 193.5 (1955): 31-35.

コメント

タイトルとURLをコピーしました