雑談力を上げる3つのルール

人間関係

仕事中に雑談をよくする人は邪魔で能力が低いと思っている方は結構いるかもしれません。しかし、2015年のカナダのウィンザー大学の研究によると雑談をたくさんする人は能力や好感度が高いことが分かったのです。みなさんも顔見知り程度の人に話しかけられたとき、とてもうれしくなった経験はありませんか?積極的に交流をする人は他者を喜ばせることができるため、信頼や尊敬を得られやすくなるのです。そこで今回は雑談の効果を高めることができる3つのルールをご紹介します。このルールを守ることができれば社内の人間関係が充実すること間違いないです。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホはNG

せっかく自分が話しているのに聞いている相手がスマホをいじっていて、腹が立った経験はないでしょうか?仲良くなりたい人と話している時にスマホを使うのはNGです。スマホは注意をそらし、会話することで生まれる共感や信頼を損なってしまいます。会話をする際には、通知や電源を切り、スマホに注意が向かわないようにしましょう。

前の話のフィードバック

信頼を得るためには「相手の話を聞いているアピール」をすることが必要です。そのための手段として、以前聞いたことをフォローするのがとても効果的になります。例えば、前会ったときに旅行に行くと話していたら、その旅行がどうだったのかを聞きましょう。これは相手の話を聞いていることのアピールとなり、信頼関係をぐっと深めることができます。

ポジティブな話題

ポジティブなうわさ話をする人は、自分の評価を上げることができるということがある研究で判明しています。そのため相手がその場にいないときには、感情のこもった誉め言葉を話しましょう。または相手の所持品や好きなものを直接褒めましょう。あなたは職場を大切にする人に見られ、サポートを受けるべき人として周りから認められるようになります。

まとめ

今日は雑談の効用を上げられる3つのルールをご紹介しました。相手の話をしっかりと聞き、ポジティブなことを話すことが充実した人間関係作りにつながります。とても役に立つルールなのでぜひ実践してみてください。あなたが最高の親友からサポートされるようになることを心より願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました