【尊敬の心理学】~相手に尊敬を示す5つの方法~

尊敬の心理学仲良くする

相手のプライドを傷つけてしまうと、相手はすぐに敵になってしまいます。みなさんも自分のプライドが傷つき、嫌な気持ちを味わった経験があるはずです。

コミュニケーションにおいて相手のプライドを尊重することはとても大切です。

そこで今日はその方法を詳しく解説します。これを実践すれば、相手に嫌な気持ちをされずに言いたいことをしっかり言えるようになります。

使いこなせば人間関係を有利に運べるので、興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手に恥をかかせない

大人数の前で相手の行動に注意すると相手に恥をかかせてしまいます。大人数の前で恥をさらされた相手は当然敵意や嫌悪感を抱きます。

これだと関係が悪化するばかりです。行動を注意する場合は必ず1対1の状況で行いましょう。これはリーダシップとマネジメントの原則であり、十分な証拠があります。

本当に優れた人は自尊心が傷つきやすいのを理解しています。相手に恥をかかせることはありません。

また相手を侮辱し、笑いの種にするのもよくない行為です。相手のプライドを尊重するために、まずは相手に恥をかかせないように心がけましょう。

まず賛同する

相手の発言が違っていても、まずは「そうですね」と賛同しましょう。なぜなら最初に「はい」と言うことで相手は警戒心を解いてくれるからです。また自分が賛同する部分を述べるとさらに効果が増します。

例えば、「大学生は勉強すべき」という意見をあなたが持っているとします。そこで友達が「大学生こそ遊ぶべき」だと発言してきました。

これに対しまずは「そうだね、友達と一緒に遊ぶのはとても楽しいからね」と賛同するべきです。そして、「実は最近勉強の大切さを知った」と反論を述べましょう。

「そうですね」という言葉があるだけでも相手の対応が大きく異なります。反対意見を聞いても最初は賛同の言葉を伝えましょう。

相手を人前で褒める

人前で他人をほめることはたくさんのメリットがあります。まずは自分の印象が良くなるのです。以前、私たちには噂話の内容と話し手の特徴を無意識に重ね合わせる特徴があることを解説しました。

これは「自発的特徴変換」と呼ばれています。あなたが他人を褒めれば、噂話を聞いた人はあなたのこともよい人だと認識するのです。

ほかにも相手の自尊心が上がり、望んだ行動を取ってくれるようになります。例えば、あなたが部下のことを「仕事を真面目にこなしている」とほめることで、部下はより真面目に仕事をしてくれます。

このように大勢の前で他人を褒めることは多くのメリットがあるのです。機会があれば是非他人を褒めましょう。

誰にでも丁寧に接する

現在はSNSですぐに人の評判が拡散される時代です。店員に乱暴な応対をした有名人はすぐに拡散され、悪いイメージがつきます。一方で神対応をする有名人もその評判が広がり、世間に良い印象を与えられます。

コンビニの店員や施設の警備員など、一度しか会わないような人でも丁寧な対応をしましょう。見られていない場所でどのような行動を取るかで人間力が問われます。

ひょっとすると親切な対応が世間に広まり、自分に返ってくるかもしれません。メリットは少ないかもしれないですが、人を選ばずに常に丁寧な対応をすることを心がけましょう。

スポンサーリンク

感謝を示す

感謝は大きな影響力を持っています。時間があれば、相手に感謝の手紙や心に残るような感謝の言葉を送るようにしましょう。

以前紹介したとおり、感謝をすることで自分も相手も満足します。手書きの感謝状は大きな影響力を持ちます。また、「ありがとうございます」に加え、気の利いた言葉を添えるのも良い方法です。

例えば、服屋でお会計をする際に「良い服が見つかってよかったです」と声をかけると店員がとても喜びます。

ほかにもご飯屋さんで「ご飯とてもおいしかったです」と添えるのもよいです。機会があれば感謝の手紙を書き、少し気の利いた感謝の言葉を伝えましょう。

オススメ本

人を動かす方法についてわかりやすく書かれています。今日もこの本から抜粋して紹介しました。

ほかにも人間関係で得するための方法が具体的に解説されています。人間関係の技術を磨き、人生の成功を収めたい方はクリックして、買い求めください。

スポンサーリンク

まとめ

相手に尊敬を示す方法

・恥をかかせない
・まず賛同する
・相手を人前で褒める
・誰にでも丁寧に接する
・感謝を示す

今日は相手に尊敬を示す方法について解説しました。これを実践すれば相手は率先して自分の見方になってくれます。日常からビジネスまで様々な場面で使えるテクニックなので、人を動かす強力な武器になります。

今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

いつも見てくれる方がいるおかげで毎日投稿できています。貴重な時間を割いて頂いていることに心から感謝します。今後も勉強で培った様々な知識を発信していくのでよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました