誠意が伝わり絆も深まる【感謝メッセージの伝え方】

感謝メッセージの伝え方人間関係

みなさんは、せっかく親切をしたのにお礼を言わなかった人に腹を立てた経験はないでしょうか?感謝はとても大切で、長期的な深い信頼関係を築くためには必要不可欠です。意外かもしれないですが感謝をする人も幸福になれます。ペンシルバニア大学の心理学者、マーティン・セリグマンの行った研究によると今までお礼をしたことのない人に感謝の手紙を渡すと自分の幸福度が向上することが判明しました。つまり、感謝はする人もされる人も幸せになれる最強のツールなのです。そこで今回は感謝の気持ちをしっかりと伝えるための4つのステップをご紹介します。このステップを踏んだ感謝をすればお互いの絆が深まるので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、行動の評価

自分がありがたいと思った相手の行動を評価しましょう。またそのとき相手が貢献してくれたことに言及するのが効果的です。

例)遊ぶ時間がないほど忙しいのに自分のプロジェクトに夜遅くまで協力していただき、本当にありがとうございます。

2、貢献度の評価

相手の行動が自分にとってどれほど助けになったのかを伝えましょう。

例)課長が助けてくれなかったら1人で大変な思いをしていたところでした。課長のサポートのおかげでこのプロジェクトを成功させることができました。

3、性格や長所の評価

貢献度や行動だけでなく、長所や人柄もしっかりと伝えましょう。

例)会社の中に課長のような優しい上司がいていつも本当に助かっています。

4、相手との関係へのコミットを約束

今後も関係を維持するためのメッセージを送ってあげましょう。

例)このお礼は必ずお返ししますので、何かあれば僕にも相談してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

遊ぶ時間がないほど忙しいのに自分のプロジェクトに夜遅くまで協力していただき、本当にありがとうございます。課長が助けてくれなかったら1人で大変な思いをしていたところでした。このプロジェクトを成功させることができたのは課長のサポートのおかげです。会社の中に課長のような優しい上司がいていつも本当に助かっています。このお礼は必ずお返ししますので、何かあれば僕にも相談してみてください。

この4つのステップを踏めばこのような素敵な感謝メッセージを書くことができます。心のこもった感謝をすればとても素晴らしい繋がりを作れるのです。ぜひ皆さんもやってみてください。今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

The Brain Science Behind Thankfulness and How It Can Change Your Business

コメント

タイトルとURLをコピーしました