モチベが上がらない方必見!やる気をすぐに出す方法【12選】

瞬発的に上げる
こんな方におすすめ

・やる気をすぐに出したい方

・モチベーションを上げたいけど、全然上がらずに困っている方

・無気力状態になるのが多い方

やるべきことがあるにも関わらず、やる気が上がらなくて、先延ばしをした経験はありませんか?

学校な課題や仕事など、「やらなきゃいけない」と思いながらも、モチベーションが全然上がらないことはありますよね。

このページはそんな悩みが解決する記事です。5分以内でやる気を上げることができます。

自分もやる気が出ない時にはこの方法を使っています。そのおかげでやる気が出ないのを言い訳に、先延ばしをするのはなくなりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

音楽を聴く

桑田佳祐「SMILE〜晴れ渡る空のように〜」民放公式スペシャルムービー (民放共同企画“一緒にやろう”応援ソング)

感情を高ぶらせるような音楽を聴くことによってやる気を上げられます。なぜなら音楽には短時間で感情を動かす効果があるからです。これは科学的にも証明されています。

さらにある研究では無表情の被験者に明るい音楽を聞かせると、表情が明るくなることが判明しています。要するにやる気が出る音楽は、本当にやる気を高めてくれるのです。

自分も勉強やライティングの前には必ず音楽を聴いています。アスリートも本番前に音楽を聴いている人は多いですよね。

やる気が出ない時には、ぜひ自分のやる気を高めてくれる音楽を聴いてみましょう

ストーリーに触れる

人間にはストーリーを無意識に引き込まれる傾向があります。みなさんもドラマや映画、小説などのストーリーに触れると、登場人物に感情移入するはずです。

そのため「苦労しながらも努力して自分の夢を叶える」という成功者のストーリーに触れると、自分も頑張ろうと思えるようになります。

つまりモチベーションが上がり、すぐに行動を起こせるのです。自分もやる気が出ない時は星野源のエッセイやメンタリストDaiGoのニコ生を見ています。

これを見ると、「この人も苦労して自分の目標を達成した」ことが実感でき、やる気がとても上がるんですよね。

みなさんもやる気が上がらない時には自分が尊敬する人の努力のストーリーをご覧ください。これを見ることによって自分も頑張ろうと思えるようになります。

軽めの運動をする

やる気でないと思った時には散歩をしたり、スクワットをしたりするのも効果的です。

なぜなら運動をするとドーパミンが出て、やる気が高まるからです。運動をした後はすぐに行動を起こすことができます。

さらに運動には脳を覚醒させる作用もあるのです。よって勉強する前に運動をすると効率が良くなります。

要するにやる気でない時や勉強する前に、まずは1回スクワットをしてみるのがおススメです

環境を変える

実は環境を変えることによって私たちの行動は大きく変わります。なぜなら人間の行動は環境に依存することが多いからです。

家では勉強できないけど、カフェや図書館ならできるという方は結構いますよね。それは「家は好きなことをする場所、図書館は勉強する場所」というのが染みついているからです。

そのため図書館に行くだけでも勉強する気になれることがあります。自分もライティングをするときには自宅では集中できないため、図書館やカフェに行っています。

やる気が出ない時には環境を変えて、リフレッシュするのもオススメです!

スポンサーリンク

風呂に入る

お風呂に入ることによって、血流が良くなり、疲れが取れるといった効果があります。つまり入浴後は身体が回復し、気分が入浴前よりも良くなるのです。

風呂に入ると、心がすっきりしますよね。特に温かいお湯につかると、温熱作用によって疲労回復の効果が増します。

どうしてもやる気が出ない時には風呂に入ってみるのも1つの方法です。

まずは手をつける

私たちは行動の起こし初めるのにとても苦労してしまいます。なぜなら理想を描いてしまうからです。

例えば勉強しようと思った人が、やる前から「3時間勉強しよう」と考えていると、ハードルが高く、勉強し始めるのにとても苦労しますよね。

一方で最初から「まずは3分勉強しよう」と思っている人はどうでしょうか?こうするとすぐに勉強に取り組めると思います。

要するにやり始めのハードルを低くすれば、すぐに行動できるようになります。やるのが面倒だと思った時には「少しだけ手を付けてみる」ことを心がけましょう。

スポンサーリンク

カウントダウンをする

これはすぐに行動を起こすための方法です。まずは手を付けてみるのと近いですが、「行動しなきゃ」と思った時に5秒カウントダウンしましょう。

そして0秒になる前までに行動をするのです。例えば布団から出たくても出られない時にこれをしたとします。

すると驚くほど速く、行動を起こせるようになるのです。さらに0秒になったときに手をたたくと、これが行動を起こすきっかけになります。

「直ちに行動を起こさなきゃ」と思った時にはこの方法がおススメです!

ご褒美を設定する

何か行動を起こしたいときには自分にご褒美をあげる強力な方法となります。なぜならメリットが明確になるからです。

運動や勉強などはメリットは明白じゃありません。例えば学校の課題をするときのメリットは「成績が上がる」や「良いキャリアを形成できる」などですよね。

これだと利点が思い浮かびにくいため、危機感のない限りほとんどの人が先延ばしをすると思います。一方で「今日この課題をやったら1万円あげる」と言われたら、どうでしょうか?

1万円貰えるという利点がはっきりしているため、ほとんどの人が課題にすぐにやりますよね。要するにご褒美という明確なメリットを提示すれば、すぐに行動を起こせるようになります。

どうしてもやる気が出ない時には、「今日○○をしたら自分の好きな○○を買う」という自分なりのルールを作りましょう。

ただしご褒美を設定し続けると、依存するといった注意点があります。こうなると、ご褒美なしでは自分が望む行動を起こせなくなるのです。

よってご褒美は依存しない程度に設定しておくことをオススメします。

休憩をとる

「疲れていて、やる気が出ない」という方もいるかもしれません。その方は20分くらい休憩をとるようにしましょう。

休憩は脳をリラックスさせることが大切になります。よってスマホをいじったり、ゲームをしたりしてはいけません。

自然に触れたり、他人と会話をしたりして、脳をリラックスさせるのが大切です。これによって失われた集中力やモチベーションが復活します。

「疲れていて、やる気が出ない」という方は頑張ろうとするのでなく、いったん休憩しましょう。そうすることによって作業効率も結果的によくなります。

寄付をする

実は自分の好きな人にものやお金を渡すことによって、自分の幸福度が高まります。なぜなら人間は何かを与える時に、自分の報酬系が活性化するからです。

自分はやる気が出ない時に、好きなYouTuberにスーパーチャットを贈ります。すると自分のテンションが上がるんですよね。

他人への投資は人間関係を充実させる武器になります。お金に余裕がある場合には、自分の好きな人に投資をしてみましょう。

参考リスト

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0304394009003279

コメント

タイトルとURLをコピーしました