メンタルを強化する3つの日記

メンタルを強くする

以前悩み事を抱えた場合は知人に話すよりも日記をつけた方が効果的なことを紹介しました。()今回はある3つテーマについて日記を書くと幸福度が上がる研究をご紹介します。この日記を書けば幸福度が上がり、人生の質を向上させることができます。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

感謝日記

「おいしいご飯が食べられる」、「好きな音楽が聴ける」、「親友と話をする」、どれもとても幸せな出来事です。しかし、人間は幸福感に慣れてしまいます。日常が幸せなもので溢れているのにそれを当たり前だと感じてしまうのです。日常に幸せを見出すためには感謝日記をつけるのがとても効果的です。感謝の日記をつけることで日々の喜びを意識することができます。心理学者のロバートエモンズとマイケルマカラックの研究では効果が実証されています。被験者を3つのグループに分け、「感謝」、「嫌なこと」、「出来事」について5つ書いてもらいました。すると、「感謝」について書いてもらったグループは「嫌なこと」や「出来事」について書いたもらったグループと比べて、幸福度が強く、将来に対し楽観的になり、健康状態もよくなったのです。

理想的な未来

現実的で理想的な未来を書くことによっても幸福度を上げることができます。サザンメソジスト大学のローラキングの研究によると理想的な未来について書くよう依頼したグループは翌日の計画や悪夢のような経験を書いてもらったグループより幸福度が高くなったのです。僕も好きな時間に働いて誰にも縛られずに自由に暮らしたいといったことを書いています。そのおかげでメンタルはだいぶ強くなりました。とても効果があるので皆さんも実践してみてください。ただし書いても達成率は上がるわけではないです。メンタルを鍛えるためのテクニックなので注意してください。

愛情日記

愛情のこもった文章も心身に良い効果をもたらします。アリゾナ州立大学のコーリーフロイドの研究をご紹介します。参加者にまず自分が大切にしている相手について考えてもらいました。その後、なぜその相手が自分にとって大切かを書かせました。すると、最近起きた出来事を書かせたグループに比べ、ストレスが減少し、幸福度が大幅に増加したのです。このことを知って僕も大切にしている友達のことを書いてみました。文章にすることで自分が周りの人からどれだけ支えられているかを実感することができます。幸せな気持ちになれるのでぜひやってみてください。

まとめ

「感謝」、「理想的な未来」、「愛情」について文章を書くと幸福度を上げることができます。日記は誰にも見られず一人で書けるので、誰にも見られないため内向的で恥ずかしがりの人にはとてもおすすめです。ずっと続けると些細な出来事にも幸せを発見することができます。自分の周りには支えてくれる人がたくさんいるということも実感できます。幸せに人生を送るための強力な武器なので、ぜひ試してください。今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

Emmons, R., & McCullough, M. (2003). Counting blessings versus burdens. Journal of Personality and Social Psychology, 84(2), 377-389.

King, L. A. (2001). The health benefits of writing about life goals. Personality and Social Psychology Bulletin, 27(7), 798-807.

Floyd, K., Mikkelson, A. C., Hesse, C., & Pauley, P. M. (2007). Affectionate writing reduces total cholesterol: Two randomized, controlled trials. Human Communication Research33(2), 119-142.

コメント

タイトルとURLをコピーしました