【体験談】瞑想の半年間継続して実感できた7つの効果

瞑想の効果メンタルを強くする
こんな方におすすめ

・瞑想にはどんな効果があるのかを知りたい方

・メンタルを強くしたい方

・瞑想に興味はあるが、怪しいと思っている方

瞑想には様々なメリットがあります。しかも大人数の実験で科学的にその効果は実証されています。

しかし「瞑想って怪しくない?」と思われる方もいるかもしれません。今日はその方に向けて瞑想がもたらす7つの効果を解説します。

自分は半年間、毎日25分ほどの瞑想をやっています。これによって自分の人生は大きく変わったと言っても過言ではありません。

自分の体験談を含め、瞑想のメリットを詳しく紹介するので、気になる方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

集中力の向上

瞑想をすることによって集中力が格段に上がります。なぜなら自分が注意を向ける対象をコントロールできるようになったからです。

瞑想をする前は勉強に取り組んでいても、集中が途切れてすぐにスマホをいじっていました。

しかし瞑想をした後では、気がそれてもすぐに注意を戻せたのです。つまり勉強や読書にずっと集中できるようになりました。

さらに集中力の向上は科学的にも証明されています。1回20分の瞑想を週に4回やると集中力が上がるという研究があるのです。

このように瞑想には集中力を上げる効果があります。仕事で集中力が必要な方や、勉強を頑張っている受験生には瞑想がおススメです!

ストレスの減少

瞑想には慢性的なストレスを減らす効果があります。なぜなら脳がストレスに強くなるように再構築されるからです。

瞑想やっていなかった頃は些細なことでイライラしていました。知り合いに嫌なことを言われたり、寝坊をしたりして、いつもストレスを溜めていたのです。

しかし瞑想を半年間続けると全くイライラに苛まれなくなりました。今では少しムカつくことがあっても、ストレスやイライラに振り回されることはありません。

さらに研究でも、瞑想でストレスレベルが軽減することが実証されています。

イライラすることが多く、ストレスに悩まされている方には瞑想が最善の解決策です。

親切になれる

瞑想の3つ目の効果は寛大な性格になれることです。瞑想は共感能力を上げる効果があります。これによって他人に親切な対応ができるようになるのです。

自分は昔、電車で席を譲るのが考えられない程、親切が苦手でした。理由は親切をする勇気がなく、人見知りだったからです。

しかし今は座りたいような人を見つければ、積極的に席を譲ることができます。困っている人がいたら「大丈夫ですか?」と声かけができるようになりました。

さらに実際の研究でも瞑想を続けることによって共感力が上がり、親切な行動が増えるという結果もでています。

「優しい人になりたい」と性格改造したい方にも瞑想はおススメです。

セルフコントロール能力が上がる

瞑想の4つ目の効果は自制心の向上です。瞑想をやると誘惑に負けないようになります。

なぜなら注意力が鍛えられ、誘惑に注意が持っていかれないようになるからです。

昔は大学の課題を先延ばししたり、運動などの習慣が途切れたりするのは当たり前でした。

しかし今は運動や読書の習慣をきちんと継続させ、課題も計画的にできるようになっています。つまり衝動的な行動や計画倒れの回数もなくなったのです。

さらに瞑想には計画や論理を司る脳の領域(前頭前野)が活性化することが判明しています。要するに脳が衝動に強くなるように再構築されるのです。

ダイエットしたい方や誘惑に強くなりたい方にも瞑想は効果的になります。

スポンサーリンク

不安に悩まされなくなる

瞑想は不安に強くなる効果もあります。なぜなら脳が不安に強くなるように変化するからです。

昔は「陰口を言われているかもしれない」、「実際彼は自分のことを嫌いなのかもしれない」といった被害妄想的な不安に振り回されていました。

しかし現在はこのような不安を感じる回数が大幅に減ったのです。それに不安を感じてもきっちり対処できるようになりました。

さらに瞑想に不安レベル減少の効果があることが科学的に証明されています。

負の感情に振り回される方や不安を感じやすい方にも瞑想はオススメです。

睡眠の質が上がる

瞑想の6つ目の効果は睡眠の質が上がることです。「明日のことが不安で寝れない」といった経験はありませんか?

寝ても回復できない主な原因は不安やストレスです。よって瞑想で不安やストレスに強くなれば、睡眠の質を上げられます。

自分も昔は不安や緊張で眠れなくなることも多かったです。しかし現在は不安や緊張を感じてもすぐに眠れています。

さらに瞑想で睡眠の質が上がることも研究で判明しています。「夜に全然眠れない」という方にも瞑想が効果的です。

スポンサーリンク

幸福度が上がる

瞑想は人生度の満足度も上げてくれます。これには様々な理由があるのですが、1つは悲観的な思い込みが無くなるからです。

不幸な人生を送っている人はネガティブな思い込みをしています。自分も昔、「陰キャだから幸せに暮らせない」や「自分を好きな人はいない」といった歪んだ認知を持っていました。

しかし瞑想を2か月ほど継続することで思い込みが無くなっていったのです。物事をありのままに解釈できるようになりました。

さらに雑念がない時間が多い人ほど幸福度が高くなるという研究も存在します。 この効果が個人的に一番価値のあると考えています。

「人生がつまらない」という方はぜひ瞑想をやってみてください。マインドフルに生きることによって人生は大きく変わります。

まとめ

年収8.1倍!最強の集中を作る歩行瞑想のススメ

20分の瞑想を3か月実践できれば大きく人生が変わります。上の7つのどれかで悩みを抱えている方はぜひやってみてください。

僕のおすすめはメンタリストDaigoさんもやっている歩行瞑想です。これは座りっぱなしでなくていいのでとても便利な瞑想です。まずは1日5分からやってみるのをおススメします!

また瞑想を続けるには習慣化の技術が重要になります。習慣にすれば、20分瞑想でも自動的に続けられるようになるのです。瞑想を習慣化したい方はぜひこちらもご覧ください。

オススメ本

マインドフルネスやACTについてわかりやすく実践的に書かれた本です。心理療法を学んでみたい方や幸福に生きたい方にはピッタリの1冊です。

ネガティブ思考に対処方法として個人的にもとても役立ちました。人生に迷った時に読めば、指針を与えてくれるずっと使える本です。興味のある方はチェックしてください。

参考文献

Zeidan, Fadel, et al. “Mindfulness meditation improves cognition: Evidence of brief mental training.” Consciousness and cognition 19.2 (2010): 597-605.

Can Meditation Make You a More Compassionate Person?

Kaul, Prashant, et al. “Meditation acutely improves psychomotor vigilance, and may decrease sleep need.” Behavioral and brain Functions 6.1 (2010): 47.

Cahn, B. Rael, and John Polich. “Meditation states and traits: EEG, ERP, and neuroimaging studies.” Psychological bulletin 132.2 (2006): 180.

コメント

タイトルとURLをコピーしました