永遠に高いモチベーションを維持する方法【7選】

ずっと上げる

「飽き性でやろうと思ってもすぐに辞めてしまう」という方はいませんか?勉強や仕事、ダイエットを長い間続けるのは大変ですよね。

その方のためにモチベーションの本を10冊以上読んだ自分が、高いやる気を長期間ずっと保つ方法についてまとめてみました。

この内容を実践すれば、三日坊主解消し、やりたいことを粘り強く続けられるようになります。自分も瞑想や読書、ライティングなどを半年以上続けることができました。

ラクに自分の取りたい行動が継続できる強力なテクニックです。運動や勉強など続けたい習慣がある方にはピッタリの内容となっています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

環境を整える

なにかを長期的に続けるには環境作りがとても大切です。例えばスマホやテレビなどの誘惑がある環境で、勉強をしようとしても、集中出来ないですよね。

同様に家にスナックやスイーツがたくさんある環境では、ダイエットもすぐに挫折すると思います。何かを継続させる場合は、まず環境を整えないといけません。

勉強を続けたいと思ったら、誘惑が何もなく、問題を解くこと以外できないような環境を作りましょう。

自分も読書をするときには、スマホを別の部屋に置いています。そのおかげで集中力が大きく向上しました。

長期的に続けたい習慣がある場合はまず初めに環境作りを徹底しましょう。

習慣化を徹底する

習慣が定着すると、なにごとも自動的に行えるようになります。例えば風呂や歯磨き、人との会話などは何も考えなくても行えますよね。

これは習慣が定着したからなのです。勉強や運動も習慣にすれば、嫌でも自動的に続けられるようになります。

習慣化について詳しく知りたい方はぜひこちらの記事をご覧ください。

目的を考える

あなたが続けたいことには明確な目的があるはずです。

ダイエットの場合は「異性にモテたいから」や、運動の場合は「健康に暮らしたいから」など・・・

何かを継続させる場合には、目的をしっかり考えることが大切になります。なぜなら日々の小さな行動に意義を感じられるようになるからです。

日々の積み重ねが大きな夢を叶える1歩だと実感できます。よって誘惑も減り、計画を立てながら前もって行動できるようになるのです。

例えば上司が皆さんに仕事に指示を出す場面を想像してください。単純に「これをやってくれない?」と指示されるのはどうでしょうか?

目的が明確でないため、モチベーションは高くならないと思います。これは悪い頼み方です。

一方で「これをしてくれると、ユーザーがものすごく喜んでくれるからやってくれない?」と指示されるのはどうですか?

「この仕事がユーザーのためになる」という目的意識が生まれるはずです。よって高いやる気を持ちながら仕事ができます。

要するに仕事の目的を持っている人と持っていない人では、パフォーマンスに大きな差が出るのです。 目的の意識を持つだけで、モチベーションは高まります。

やる気が出ない時や誘惑に負けそうな時には、「なぜ自分が○○をやろうとしているのか?」をしっかり考えましょう。

仲間を作る

高いやる気を保つには周りの人間関係も大事になります。自分の目標達成を支援してくれる仲間が必要なのです。

独りで何かを頑張ろうとするより、仲間とともに頑張った方が、楽しく長期的に継続できます。

ただし仲間は自分が尊敬している人でなければいけません。なぜなら私たちの行動は、仲間たちの習慣に影響を受けるからです。

例えば自分が太っている人とよく付き合っていると、自分も太ってしまいます。このように体型や年収、頭の良さや性格は周りの仲間に感染するのです。

勉強を頑張りたい場合には、熱心に勉強に取り組んでいる仲間を探しましょう。同じように運動を続けたい場合にはジムに通っている仲間がおススメです。

独りで何かをしようとすると、伸び悩んだときに挫折しやすくなります。しかし仲間を作ることによって、ともに励ましあい、挫折しにくくなるのです。

自分の目標を達成するためにも、頑張りや努力を認め合えるような仲間を作りましょう。

スポンサーリンク

成長の可視化

自分が 「過去に比べてどれほど成長したか」を実感することによってやる気は大きく上がります。 なぜなら成長の実感はモチベーションを上げるための一番大切な要素だからです。

例えばゲームには、レベルアップやミッションの達成、スキルや成績の上達など、進捗が実感できますよね。これがゲームのモチベーションを上げてくれるのです。

つまり「自分がどれだけ成長したのか」を習慣に取り入れることによって、長期的なモチベーションが育まれます。

例えば、勉強では模試の成績の向上や、過去に解けなかった問題を解くによって成長が実感できます。運動の場合は、過去にできなかった技を達成することによって、前に進んでいる感覚を味わえるのです。

自分のパフォーマンスを記録することによって、ゲームのように進捗を可視化できます。長期的なモチベーションを育むには、進捗の感覚を意識しましょう。

やる気を持続させるには

やる気を維持する習慣

・継続できる環境を整える

・習慣化を徹底する

・目的を考える

・仲間を作る

・成長を可視化する

以上が高いモテベーションを育む習慣になります。これは勉強や運動、読書など自分が続けたいことに何でも応用できます。

なにか続けたい習慣がある方はぜひ今日紹介した内容を実践してみてください。これを試すだけでも、継続期間が格段に伸びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました