【画期的なアイデアを出すための7つのコツ】

アイデアを出すためのヒントブログ

現在は創造性がものすごく重視されている時代です。ブログを投稿するにも、動画を作成するにも、誰もが思いつかないようなアイデアを生み出せれば、世界中に影響を及ぼすことができます。

スティーブ・ジョブズはiphoneという画期的なアイデアを生み出したことで世界中に変化を及ぼしました。創造力は今の時代において欠かせないツールです。そこで今回は魅力的なアイデアを生み出すための7つのヒントをご紹介します。

これを読んで実践すれば、多くの人に影響をあたえるブログや動画を作れるようになります。ブロガーやYotuberなど、1人で稼ぐ力を身につけたい方にはとても役立つ内容です。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新しいことをする

以前紹介した通り、アイデアは既存のモノの組み合わせです。既存の知識をより多く得ることで、アイデアをたくさん生み出せるようになります。私たちが画期的なアイデアを生み出すには新しい発見がとても重要なのです。

日々の習慣の中に新しい発見を取り入れることで創造性が刺激されます。楽器を弾いてみたり、違う道を通ったり、普段買わないようなものを買ってみたりなど、何でも構いません。

普段やらないようなことをやることで、新しい発見ができます。その発見がアイデアを出すために大切なポイントなのです。

情報を集める

知識に対して貪欲になることで新しい発見がたくさん増えます。これで創造性が刺激され、アイデアをたくさん生み出せるようになるのです。僕も新しい発見を多くするために毎日読書を二時間くらいすると決めています。

ブログやYotubeでコンテンツを作成する場合は知識に対して貪欲になり、多くの情報を仕入れるようにしましょう。そうすることで誰にも生み出せないようなコンテンツを作ることができます。

子供に戻る

子供は好奇心旺盛な生き物です。子供のような遊び心を取り入れることで創造性が刺激されます。しかも、子供は常識を知らないのでとても独創的なアイデアを生み出すことができます。みなさんも子供のころは「なんで雨は降るのだろう?」とは知りたいことが多かったはずです。

子供に戻るために生活の中に遊び心を取り入れてみましょう。「なんで○○なんだろう?」と当たり前の日常について疑問を投げかけることが重要な問題解決の一歩につながるかもしれません。

もし○○だったらと考える

状況を仮定することで問題の核や自分が本当に思っていることが見えてきます。例えば、「もし、仕事をしなくても自動的に給料が入ってくるとしたら、今の仕事を続けるだろうか?」と考えることで自分が仕事を楽しめているのかが判断できます。

このように仮定をすることで創造性が刺激されます。「もし、ブログが大ヒットするとしたら何が要因だったのか?」を考えることでブログの改善点が見えてきます。この考え方はとても万能です。機会があれば皆さんも「もし○○だったら」と状況を仮定してみましょう。

スポンサーリンク

質問を変える

問題解決には問題を正しく突き止めることが必要です。これができないと間違った問題を解くことになってしまいます。これはお金がない人が収入を上げる方法を考えずに節約することだけしか考えないのと同じです。しかし、このように問題発見でミスっている人は結構います。

僕も「内向的な性格を変えたい」と性格を変える方法を探していました。しかしそれは間違いで、内向的な性格を活かす方法を探すことが真の解決策だったのです。これに対処するために質問を変えることが有効です。

「どうやったら節約できるのか?」でなく、「どうやったら収入を増やせるか?」を考えることで解決策が変わります。皆さんが抱えている問題はそれ自体が間違えている可能性があるかもしれません。

「どうやったら閲覧数を増やせるのか?」だけでなく、「どうやったら見たいと思われるコンテンツになるのか?」や「このブログでどのように人助けができるのか?」を考えると、本当の解決策が見えてくるのです。

思いついたら記録する

アイデアは突然思い浮かぶケースが多いです。そのためすぐに忘れてしまうこともあります。浮かんだアイデアはすぐに記録するようにしましょう。僕も忘れないようにアイデアはすぐにスマホのメモ帳やノートに記録しています。

忘れたアイデアが独創的で優れていたら大きな損をしてしまいます。何でもいいのでアイデアをすぐに記録できるような環境を整えておきましょう。

スポンサーリンク

アイデアは質より量

アイデアは質より量です。優れたアイデアの陰には100個の平凡なアイデアが隠れています。モーツァルトは600以上もの曲を作成しました。アインシュタインは「一般相対性理論」のほかにも200以上の出版物を書いていたのです。

つまり、優れたアイデアを出すためには平凡なアイデアをたくさん生み出さなければいけません。「良いアイデアじゃない」と思ってもまずはそれを試しましょう。結果的にそれが画期的なアイデアを生み出す一歩につながります。

オススメ本

画期的なアイデアを出すためのヒントがたくさん書かれています。具体的な行動が書かれているためすぐに実践しやすいです。

これを読めば誰もが思いつかないようなアイデアを生み出し、多くの人に影響を与えることができます。独創的なアイデアマンになりたい方や1人で稼ぐ力を身につけたい方はぜひ読んでください。

まとめ

画期的なアイデアを生み出すための7つのヒント

・新しいことをする
・情報を集める
・子供に戻る
・もし○○だったらと考える
・質問を変える
・思いついたら記録する
・アイデアは質より量である

今日はアイデアを出しやすくする考え方について紹介しました。実践すれば画期的なアイデアを生み出せるので、ぜひ試してみてください。今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました