【目覚めを良くする方法】~快適な朝を迎えるためにすべき5のこと~

目覚めを良くする方法能力を上げる

みなさんは目覚めが良いほうですか?僕は今まで目覚めは良くなかったのですが、今日紹介する内容を使ってよくすることができました。

そこで今日は最高の朝を迎えるための5つの方法をご紹介します。これを実践すれば、目覚めがよくなり1日を快適に始めることができます。目覚めが悪い人にはとても役立つ内容です。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベッドメイキング

朝起きてから、まずしてほしいことはベッドメイキングです。ベッドメイキングをするかしないかで幸福度に大きな差が出るという研究もあります。ベッドメイキングを習慣にしている人の71%は自分が幸福だと感じており、それ以外の人の62%は自分が不幸だと感じていたのです。

これには様々な原因があります。まず、朝の習慣が決まっている人はセルフコントロール能力が高い人が多いです。そのためベッドメイキングをした後はすぐに自分のやるべきことに取り組みます。一方で朝にだらけてしまう人は起きても二度寝やスマホいじりなど、無意味なことに時間を費やしてしまうはずです。

そのため朝の習慣があるかないかで大きく1日の行動が変わってくるのだと思います。ベッドメイキングでなく、スクワットや散歩などでもいいので、朝起きたらやることを一つ決めましょう。

日光を浴びる

午前中のだるさが抜けない場合は朝に日光を浴びる時間を取り入れましょう。日光には特別な大半の電気と異なる幅広い色のスペクトラムがあります。この特別な波長が目に入ることで、睡眠ホルモンの分泌が中止され、覚醒ホルモンが分泌されるようになるのです。

朝の散歩は目覚めを良くするのにとても適しています。ベランダに出るだけでも良いので、朝はなるべく日光を浴びるようにしましょう。

水を飲む

コップ1杯の水を飲むことでよい目覚めを促進することができます。私たちは寝ている時でも呼吸や皮膚から水分が放出されます。そのため起床時にはやや脱水気味になるのです。

また、内臓を刺激することで目覚めが促進されます。良い朝を迎えるには起きてから水を飲むのがとても大事なのです。

ポジティブに考える

朝にネガティブなことを予測すると、実際に集中力や決断力が下がってしまいます。朝はなるべくポジティブに考えましょう。ペンシルバニア大学の研究では、朝に「ストレスが多そう」、「嫌な1日になりそう」と予測しただけで集中力やセルフコントロール能力、記憶力が下がることが判明しています。

朝にネガティブなことを考えるのは避けましょう。しかし、どうしても考えてしまうという方もいると思います。その方は寝る前に不安日記をつけるのがおすすめです。自分の不安を紙に書くことで、感情を落ち着かせることができます。

スポンサーリンク

集中力を使う最も重要な仕事を行う

多くの人は朝型で、集中力のピークが午前に来ることが研究で分かっています。朝の時間をメールチェックや会議など、集中を要さない仕事に使わないようにしましょう。

寝る時間と起きる時間の中間が(1~5時半)になる人は集中力のピークが午前に来ます。そのためたいていの人は朝型のはずです。集中力が最も発揮される重要な時間は自分にとって最も大切な仕事をしましょう。僕はその時間を読書に使っています。

オススメ本

1日のタイミングや人生のタイミングについて書かれた本です。「最高の1日にするにはいつ何をすればいいのか?」、「最高の人生を送るにはいつどんなことをすればいいのか?」などが科学的な根拠をもとにわかりやすく書かれています。興味のある方はぜひ読んでみてください。今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

まとめ

目覚めを良くする5つの方法

・ベッドメイキング
・日光を浴びる
・水を飲む
・ポジティブに考える
・集中力を使う最も重要な仕事を行う

ベッドメイキング、水分補給、日光浴、ポジティブシンキングをすることで最高の朝を迎えられます。朝が弱い方はぜひこの4つを試してみてください。

また、午前は集中力がピークになるので、この時間は自分の大切な仕事に使いましょう。今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

参考文献

https://www.bbc.com/worklife/article/20160224-why-sleeping-in-could-make-you-a-better-worker

https://daigoblog.jp/dangerous-morningbehavior/

https://mashable.com/article/make-your-bed-every-morning/

コメント

タイトルとURLをコピーしました