【雰囲気を良くする方法】~ムードを悪くしないための心理学~

雰囲気を良くする方法「仲良くする

今日は会話の中でいい雰囲気を作る方法について解説します。雰囲気作りは人間関係でとても大切です。険悪な雰囲気を作ってしまうと周りの人の表情も暗くなってしまいます。

みなさんも先生やリーダーの機嫌が悪くなり、周りの人にネガティブな気持ちが感染した経験があるはずです。

一方、友好的な雰囲気を作ることで周りの表情は明るくなります。人を動かすためには良い雰囲気を作ることがとても大切なのです。雰囲気を改善する技術を学び、多くの人を動かしたい方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

笑顔で対応

笑顔は大きな影響力を持ちます。ポジティブな雰囲気を作る強力なツールなのです。実際に女性の笑顔は魅力度を上げ、モテやすくなるという研究もあります。

また、私たちは相手の表情を真似するので、自分が笑顔でいると相手も笑顔になるのです。そのため、雰囲気がとてもよくなります。

上手に笑顔を作る方法は簡単です。嬉しくなるような出来事や楽しかった記憶などを想像してください。

これを何度か練習するだけで自然の笑みを作ることができます。笑顔が苦手という方はぜひやってみてください。

緊張していることを伝える

緊張している場合はそれをしっかりと伝えることが大切です。デートの時に緊張しているにもかかわらず、それを伝えないと悪い結果を生みます。

相手に「楽しくないのかな」や「隠し事があるのかな」など、不審がられてしまうのです。当然相手もデートを楽しめなくなります。緊張は包み隠さず伝えることが大切です。

緊張を知らされた相手は最善を尽くしてあなたを応援してくれます。「緊張を伝えると自信なさそうに見られる」という方もいるかもしれません。

しかし謙虚で正直である限りは、少し弱い部分を見せた方が相手に信頼されやすくなります。緊張して硬くなっている時はそれを相手に伝えましょう。

相手の利益を優先する姿勢を見せる

何かを伝えるときには自分の都合だけでなく、相手の気持ちをしっかりと考えるべきです。例えば、余りものを人に渡す際「いらないのであげます。」と伝えても、相手はあまり喜びません。

しかし、「普段の感謝の印としてお皿を贈ります。これで美味しい食事を楽しみください。」と伝えると相手はとても喜びます。

このようにどの言葉を選択するかで相手の感情は変化します。当たり前かもしれないですが、言葉を伝える際には相手の感情もしっかりと考えましょう。

どうすれば力になれるのかを尋ねる

クレーマーなど、難癖をつけてきた人には「どうすれば力になれるのか」を尋ねてみましょう。交渉の達人は敵対的な人に対しても、お互いの利益になるように話し合いを進めます。

自分に対して攻撃的な人に対応する際は「どうすればお力になれますか?」と尋ねましょう。訊かれた相手は協力的な考えを持つため、お互いの利益になるような会話ができるようになります。

スポンサーリンク

丁寧に断る

シンプルにNOと断ると、相手は自分のことを敵対的に見てしまいます。それを防ぐために断る際には丁寧に断りましょう。親切心と感謝の気持ちを表現しながら断ることがポイントです。

例えば、行きたくもない飲み会に誘われた状況を考えてください。「いかないです。」とシンプルに断ると、相手を怒らせる可能性があります。

しかし「家に帰って本を読みたいので行きません。しかし、誘っていただいたのは光栄です。ありがとうございます。」と感謝と親切を表せば、相手は素直に受け入れるはずです。

また、言い訳をするのも良くありません。「時間がないから」や「予定があるから」などの言い訳をすると相手は反論する場合があります。これが嘘だとばれたら相手は反感を抱くはずです。

感謝をこめ、丁重で謙虚な断り方は相手に敵意を植え付けません。断れない人は大変かもしれないですが、何でも引き受けると損をします。それを防ぐために感謝と親切心を表した断り方を練習しましょう。

オススメ本

人に何かを与えることの大切さが書かれている本です。実は一番成功しやすいのは与えることが多い人間なのです。

何かを与えるのを厭わない人はその分多くのものが返ってきます。周りの人が支えあって大きな成果を残すのです。

しかし、ただ与えているだけで自分を犠牲にしてしまう人もいます。この人たちはあまり良い成果を残しません。

ではどのように与えれば大きな成果を残せるのでしょうか。この本にはその答えが書いてあります。

多くのものを与え、人生の成功を収めたい方は是非クリックして、お買い求めください。メンタリストDaiGoさんも推薦していたので、買って損はしません。

スポンサーリンク

まとめ

雰囲気を良くする方法

・笑顔で対応する
・緊張していることを伝える
・相手の利益を優先する姿勢を見せる
・どうすれば力になれるのかを尋ねる
・丁寧に断る

参考文献

https://yuchrszk.blogspot.com/2018/04/blog-post_2.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました