【あなたの目標が達成できない理由】~目標達成の過程で犯す2つの間違い~

目標達成できない原因能力を上げる

私たちの目標が達成できずに終わってしまう原因は2つあります。あなたは目標を達成できずに悔しい経験をしたことが一度はあるはずです。そこで今日は勉強やダイエット、ブログの目標がなぜ達成できないのかを解説します。

これを読めば、達成できない原因を突き止め、叶えたい目標に近づくことができます。達成したい目標がある方にはとても役立つ内容です。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

制御不足

ひとつめの原因は自分が何をしたいかが分かっているのにもかかわらず、それが実行できないからです。これを「制御不足」と呼びます。多くの人はこれが原因で目標達成できずに終わってしまいます。

「勉強をしなければいけないけど、スマホをいじってしまう」や「痩せなければいけないけど、ついお菓子を食べてしまう」など、皆さんも一度経験したことがあるはずです。理性と感情が争うと、感情が勝ってしまう場合がどうしてもあります。

これに対処するにはどうすればいいでしょうか。効果的な対処法は自制心を鍛えることです。自制心を向上させることによって人間は自分を望んだ行動がとれるようになります。運動や勉強の実行率が格段に高まるのです。

また、習慣にすれば自分の望んだ行動を自動的に継続できます。取りたい行動を習慣化するのも効果的な対処法です。

誤制御

もうひとつ原因は間違ったアプローチを選択してしまうからです。これを「御制御」と呼びます。いくら努力を続けても、方法が間違っていたらその努力は無駄になってしまいます。

いくらノートを頑張ってきれいに書こうとしても、先生の言ったことを理解できなければ意味がないのです。睡眠時間を削って必死に頑張るというのも効果の低いアプローチになります。

このような間違った努力をしないためには多くの人の意見を取り入れることが大切です。たった一人の意見を吸収すると、その人の発言が間違いだった場合、間違った努力をするはめになります。情報発信者の信頼性を見極め、多様な視点からインプットするようにしましょう。

また、自己監視を行うことも大切です。「自分の努力は正しいのか?」や「もっと良い方法がないのか?」を常に考えることで、自分を客観的に見ることができます。これも誤制御に対処するのに効果的な方法です。

オススメ本

皆さんがやりたいと思っていることを行動に移す方法がわかりやすく書かれた本です。ダイエットから勉強など、すべての分野に応用が効きます。この本で得たことを実践すれば、自分が望んだ行動を長期的に継続できるようになります。

自分を奮起させ、目標達成に向けて努力したい方にはとてもおすすめです。興味のある方はぜひ読んでください。

まとめ

目標が失敗する原因

・制御不足…やりたいにもかかわらず、それが実行できない
  →自制心を鍛え、習慣化することが効果的な解決策

・誤制御…間違った努力をしてしまう
  →情報の質を見極め、自分が行っている努力を観察することが効果的な解決策

今日は目標が失敗する理由とその対処法について解説しました。この2つが原因で皆さんは目標が達成できずに終わってしまうのです。

また、目標設定の時点で間違えている場合もあります。正しい目標設定の仕方についてはこちらをご覧ください。今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました