【アイデアを発明する方法】アイデアを生み出すときに注意すべき3つのポイント

アイデアの作り方ブログ

今日から数回にかけてアイデアの生み出し方について解説していきます。創造性は現代においてとても重要です。なぜなら、独創的なアイデアをYoutubeなどのSNSに公開することで、多くの人に影響を与えられるからです。

魅力的なアイデアがあれば、独りで稼ぐ力を身につけることができます。そこで、今回は「アイデアとは何か?」を具体的に解説します。ブログやtwitterやYoutubeなどで多くの人に影響を与えるアイデアを生み出したい方はとても役立つ内容です。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

拡散思考になることでアイデアは生み出せる

古典的な名著である「アイデアの作り方」には「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」と書かれています。国民的人気アニメであるドラえもんは猫とだるまを組み合わせて作られています。

また、多くのビジネスのアイデアも組み合わせによって生まれました。iphoneはネット機器と携帯電話とipodを組み合わせて発明されたのです。つまり、アイデアは組み合わせです。思考を拡散させ、組み合わせをたくさん作ることでアイデアは生み出しやすくなります。

そのため、集中している状態とクリエイティブな状態は全く異なるのです。集中している状態だと、ひとつの対象にしか注意が向かなくなるので、アイデアは浮かびません。一方で集中力があまりない人は創造性が高くなるという研究も存在します。拡散的な思考を持つ人ほど、アイデアを出しやすくなるのです。

必死に考えてもアイデアは出てこない

「アイデアを出そう」と必死に考えてもアイデアは出てきません。実はアイデアが出やすい場所は寝る前やシャワータイムなど、リラックスしている時なのです。リラックス時は注意が分散し、心が自由にさまよいます。これがクリエイティブな発想につながるのです。

実際に、締め切りがある状態でアイデアを出そうとしても、良い結果が出ないことが研究で判明しています。アイデアは必死に出そうとするものでなく、リラックスしている時にふと思い浮かんでくるものなのです。良いネタを出したいときには休憩し、心をさまよわせる状態を作りましょう。

孤独が創造性を刺激する

集団でアイデアを出し合うブレインストーミングというものがあります。しかしこれはあまり効果がありません。研究からアイデアは孤独でいるほうが出やすいことが判明しています。一人で内省する時間を作ることで創造性が育まれるのです。

自分も孤独な時間が結構あるから、ブログのネタが尽きないのかなと思っています。一人の時間が少ない人や内省をあまりしない人は良いアイデアを思い浮かべにくいのです。魅力的なアイデアを生み出したい方は独りで内省する時間を作りましょう。

オススメ本

アイデアとは何かという質問に対し、具体的に答えた本です。この本を読むことでアイデアの意味を具体的に理解し、たくさんの魅力的なアイデアを生み出すことができます。非常にページ数が少ない本ですが、内容は深いです。

行き詰ったときに読み返すことで、この本はあなたを助けてくれます。魅力的なアイデアを生み出したい方には一生使える本です。興味のある方はお見逃しのないようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

アイデアを出すときの注意点

・アイデアは組み合わせなので、思考を拡散させる

・必死に考えてもアイデアは生み出せない

・アイデアを生み出すには孤独の時間が大切なポイント

今日はアイデアとは何かについて具体的に解説しました。今後もアイデアの出し方について詳しく解説するのでご期待ください。今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

参考文献

https://yuchrszk.blogspot.com/2015/03/blog-post_7.html

https://www.lifehacker.jp/2014/08/140820in_the_shower.html

Amabile, Teresa M., Constance N. Hadley, and Steven J. Kramer. “Creativity under the gun.” Harvard business review 80 (2002): 52-63.

https://www.psychologytoday.com/intl/articles/200903/devoted-distraction

コメント

タイトルとURLをコピーしました