毎日を充実させる計画の立て方【5選】~理想の1日を送る方法とは~

1日を充実させる行動計画ずっと上げる
こんな方におすすめ

・計画通りの1日を中々送れない方

・充実した毎日を送りたい方

「今日これをしようと思ったけど、YouTubeを見て1日が終わってしまった…」という経験はありませんか?

スマホでSNSをやったり、動画をみたりすると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。よって思い通りの1日を送れなくて、後悔することもあるはずです。

そこで毎日を充実させるための、計画の立て方を紹介します。これを実践すれば、「今日○○ができなかった…」と悲しむことがなくなります。

計画通りに充実した毎日を送ることができるのです。計画倒れをなくしたい方には、役立つ内容です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝起きたら布団から出る

1日が無駄になってしまう原因の一つは、布団でずっと過ごすからです。朝起きたら布団から脱出しましょう。

こうすると二度寝が無くなり、朝の時間を有効活用できます。しかし「起きても体が動かない」という方もいるかもしれません。

その方は朝起きたら、まず日光を浴びましょう。すると睡眠ホルモンの分泌が止まり、覚醒ホルモンが分泌されるようになります。

つまり生物学的に体が目覚めるのです。日光浴の次は、コップ1杯水を飲みましょう。すると内臓が刺激され、さらに目覚めが促進されます。

あとは散歩やスクワットなどの軽めの運動がおススメです。少し体を動かすことによって、体温が上がり、睡眠慣性が解消されます。

朝起きたら、日光浴・軽めの運動・水分補給を心がけましょう。これらを習慣化すると、起きた直後に布団から脱出し、二度寝をなくせます。

計画を紙に書き出す

紙に行動計画を書き出すだけで、実行率は大きく上がります。なぜなら私たちには、一貫性の欲求があるからです。

例えば、一度行くと答えた誘いは断りづらいですよね。これは過去の言動に一貫性を持ちたいからです。

私たちは過去の言動や行動に逆らうことは苦手です。よってプランを事前に書き出すと、その計画を実行しやすくなります。

実際に病院で行われた実験では、患者に次の診察日を紙に書かせることによって、すっぽかす確率が減りました。

ちなみに自分は「起床」→「スクワット」→「瞑想」→「読書」のように前日の夜、行動計画を書いています。

充実した1日を送りたい方は、毎日の計画を紙に書きましょう。タイミングは当日の朝か、前日の夜がおススメです。

タスク計画にする

計画を立てる際は「〇〇が終わったら、○○をする」といった、タスク計画を立てましょう。

優先度の高い順にやるべきことを並べ、それを朝からこなしていくと、1日を無駄にしなくなります。

一方で「12時にご飯を食べて、13時に読書をする」といった、時間ベースの計画はオススメしません。なぜなら計画倒れが起こるからです

私たちは時間を見積もるのが得意ではありません。よって「30分で終わる予定が2時間かかった」というケースが多発します。

計画を立てる際には時間でなく、タスクベースで立てるようにしましょう。

余裕を持つ

私たちは自分の計画した通りの1日が送れると思っています。しかし実際はそうじゃありません。

人間は未来のことについて、楽天的な予測を立てます。よって計画通りに1日が進むことは、ほぼありません。

大学生を対象にした実験を紹介します。学生にレポートがどのくらいで終わるのか、最長と最短日数を見積もってもらいました。

すると、平均して最短日数が約27日、最長日数が約49日と学生は予測したのです。しかし結果は予測を大幅にオーバーしました。

実際にかかった日数は、平均で約56日だったのです。しかも最長日数以内で書き上げた学生は、半分以下でした。

このように私たちは、計画をベストシナリオで立ててしまいます。「すべてがうまくいく場合」で計画を立てるのです。

しかしYouTubeに時間を奪われるなどの障害は必ず起こります。計画錯誤を防ぐには、余裕を持った計画を立てなければいけません。

計画を立てるときには、自分が思っている2~3倍の余裕を持たせましょう。

スポンサーリンク

時間を無駄にするものに計画を立てる

「やばい時間を無駄にしちゃった」と、後悔した経験は皆さんもあるはずです。これを防ぐには、時間を無駄にする邪魔者を取り除く必要があります。

取り除くには、まず環境を整えましょう。誘惑がない環境を作ると、時間を取られなくなります。詳しくはこちらをご覧ください。

しかし「どうしてもYouTubeが見たい」、「時間無駄にするけどゲームしたい」と、衝動に負けたい時もあるはずです。この時には予め、誘惑に負ける計画を立てておきましょう。

「このタスクが終わったらゲームをする」というように、誘いに乗る計画も立てておくのです。こうすると、ゲームをしすぎなくなります。

さらに最後の方にゲームの計画を立てると、「最初のタスクを終わらそう」というモチベーションにもなるのです。

ちなみに自分も「ゲームをする」という計画を立てています。そのおかげで予定外の時間にゲームをして、時間を無駄にする回数は減りました。

要するに時間を無駄にしそうな行動にも、計画を立てておきましょう。すると時間を浪費して、後悔することがなくなります。

日々を充実させる計画とは

行動計画の立て方

・朝起きたらすぐに布団から出る

・計画を紙に書き出す

・タスクベースの計画にする

・2~3倍ほど余裕を持つ

・誘惑に負ける計画を立てる

いかがでしたでしょうか?今日は毎日を充実させる行動計画の立て方を解説しました。

これを実践すれば、「計画していた1日と全く違った」と悔やむことがなくなります。5分ほどで手軽にできる方法なので、ぜひ試してみてください。

自分も使っている方法なので、毎日を充実させたい方には、とてもおすすめです。

スポンサーリンク

参考図書

コメント

タイトルとURLをコピーしました