人間関係で感情をコントロールする6つの方法

感情をコントロールする方法人間関係

「店員がとても雑な対応をした」や「話す声がでかくてとても迷惑」など、ついイラっとした経験が皆さん一度はあるはずです。私たちは自分を合理的な人間だと考えています。しかし、実際は多くの人が感情的に物事を判断するのです。感情的に判断してしまうと、人間関係で損をしてしまいます。すぐ怒ったり、イラっとしたりする人はあまり好かれません。

そこで今回は自分の感情をコントロールする方法を解説します。感情がコントロールできれば、人を動かす力が飛躍的に伸びるのです。これは説得から恋愛まで、あらゆる場面で使えます。対人スキルを上げたい方はぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自制心を鍛える

自制心を鍛えることで感情をコントロールしやすくなります。「復讐したい」や「言い負かしたい」などの感情を抑え、理性的な対応をするには自制心が必要だからです。常に理性的な対応ができれば、人間関係を好転させることができます。自制心の鍛え方について解説した記事があるので、こちらをご覧ください。

反応でなく、対応する

理性的な対応をするために、状況をシミュレーションすることが大切です。まずは仕事などで理性的な対応をしなければいけない状況を思い浮かべましょう。客がクレームを言ったときや上司が文句を言ってきたときなど、理性的に対応すべき状況を詳細に想像してください。

そして、その場面に遭遇した時にどれだけ理性的に対応できたかをフィードバックしましょう。点数や反省点などを振り返るといいと思います。このようにシミュレーションとフィードバックを繰り返すことで、徐々に理性的な対応ができるようになります。

罵声に対応する

批判や文句など、自分に対して言葉の攻撃をしてくる場合にも感情のコントロールが必要です。誰かが攻撃を仕掛けてきた場合、まずは相手の話を最後まで聞きましょう。途中で話を遮ると相手をさらに怒らせてしまいます。そして、相手が話し終えたら「気に障ることをしてしまいすいませんでした。」と謝罪の言葉を述べましょう。

その後、相手の感情が静まったときには、共感を示しながら「なにかお手伝いできることはありますか?」と聞くと相手は自分の見方になってくれます。ポイントとしては相手の怒りが収まるまで待つことです。怒りは大きなエネルギーを要するため、途中で必ず収まります。怒りが収まったときに謝罪の言葉と共感を伝えましょう。

発言する前に考える

発現する前には考える癖を付けましょう。外向的な人はあまり考えずに発言することが多々あります。感情に任せて発言すると、相手に悪い印象を与えかねません。

よく「ばか」とか「アホ」とか言う人がいますが、あれは感情がコントロールできていない証拠です。それを防ぐために発言する前に考える癖をつけるべきです。一瞬口を閉じ、冷静な判断をしながら問題解決につながるような発言を心がけましょう。

これができればコミュニケ―ションで優位に立てます。まずはメールを送信する前に考える癖をつけるのがおすすめです。感情的になった状況でも言動や行動に注意を向けることができれば、常に寛大でいることができます。

スポンサーリンク

限界を感じたら打ち切る

これ以上議論の余地がないと思った場合は素直に違いを認めてあきらめることが大切です。相手が賛同してくれないと感じたら、まずは相手の意見に敬意をこめましょう。そして、その場を立ち去ることがポイントです。

意見の相違で相手との関係が壊れるのは大きな損です。その前に「とても参考になる意見です。しかし、私はこの意見を支持しています。これ以上話してもらちが明かないので、話すのをやめましょう。」と伝え、議論を打ち切りましょう。

発信者を見極める

批判されたら発信者が誰かを見極めましょう。批判する発信者が合理的で信頼性のある場合はその意見を参考にするべきです。プロの人が「文字数が少ない」や「レイアウトが見にくい」など言ってきたとします。これは客観的なものなので参考にするべきです。

方で、発信者が格下で感情的な意見の場合は無視しましょう。例えば、何にもやっていない人が「俺ならもっと良いブログ書ける」や「質の低いブログ」と批判してきたとします。これは単なる感情論なので無視してかまいません。

このように批判は参考になるかどうかを注目するべきです。客観的で発信者が優れているかどうかで批判の質を判断しましょう。

スポンサーリンク

オススメ本

自分を攻撃する敵を味方にする方法が書かれています。多くの人は自分を責める相手に攻撃してしまいます。しかし、敵に対しあらゆるテクニックを行使することで味方につけることができるのです。この本にはその方法が分かりやすく書かれています。敵を味方に変えることで人間関係を有利に運ぶことができます。その技術を詳しく知りたい方はぜひクリックして、お買い求めください。

まとめ

人間関係で感情をコントロールする方法

・自制心を鍛える
・反応でなく、対応をする
・罵声に対応する
・発言する前に考える
・限界を感じたら打ち切る
・発信者を見極める

オススメ本の「敵を味方に変える技術」を参考にしています。ほかにもこの本に役立つテクニックがたくさん書かれていました。次回以降もこの本から抜粋して人間関係について詳しく解説します。今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました