【コミュ障を改善する方法】1人でもできるコミュ力トレーニングとは

【コミュ障を改善する方法】1人でもできるコミュ力トレーニングとは自分を変える
こんな方におすすめ

・コミュニケーションスキルを高めたい人

・人間関係を充実させたい人

「コミュ力上げたい」と悩んでいる人はいませんか?コミュ力を上げることができれば、友達が増え、誰とでも仲良くできます。

これは人生において重要な価値になるのです。そこで1人でもできる、コミュ力トレーニングを紹介します。

これを実践すれば、他人と楽しく会話ができるようになります。さらに他人から好かれやすくなるのです。

自分も昔は人間関係に悩まされていました。友達がいなくて不安になったり、周りの目を気にしすぎたりしていたのです。

しかしこれを実践することによって、大抵の人間関係の悩みを解消できました。コミュ力を高めたい方には、役立つ内容となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

共感力を高める

コミュ障にもいくつか種類があります。「デリカシーがない」と言われる人や、他人の気持ちを考えられない人は、共感力を上げるのがおススメです。

共感力を高めると、人の気持ちが分かるようになります。そうすると他人を悲しませる行動を減らせるのです。

話を無視したり、上から目線で指示したりするのは、他人をイラつかせる原因になります。共感力が低い人は、平気でそのような行動をとってしまうのです。

しかし共感能力を上げると、「この行動をとったらガッカリしてしまう」と考えられます。よって他人に害のある行動をとらなくなるのです。

共感力は2つの方法で上げられます。1つはストーリーに触れることです。小説や映画、ドラマ、アニメなど、たくさんのストーリーを読んでみましょう。

登場人物に感情移入すればするほど、私たちの共感力は向上します。もう1つは瞑想です。瞑想をすると、共感能力が上がり、他人に優しくなれます。

仏教では利他的な行動を促進するために、瞑想の修業を取り入れているそうです。瞑想のやり方についてはこちらに記事で紹介しました。

他人の気持ちが考えられるようになりたい方は、共感力を鍛えるのがおススメです。

不安を軽減する

仲いい人と会話している最中に、不安が押し寄せてくる経験はありますよね。「さっきの発言気に障ったかな」など、自分もしょっちゅう不安を感じていました。

しかし聴く人が不安そうにしていると、不信感を与えます。相手が楽しく話せなくなるのです。これを防ぐには、不安対策をしましょう。

相手の話を集中して聞くと、心地よく会話ができます。お互いに楽しい時間を過ごせるのです。

日常的に不安に振り回される人は、睡眠の質が低かったり、仕事に集中できなかったりと、人生のあらゆる場面で損をしてしまいます。

不安を軽減するためには、瞑想や運動、筆記開示がおススメです。他人と交流する時に不安を抱えてしまう方は、ぜひ試してみてください。

不安が軽減できれば、他人との貴重な時間を集中して楽しめるようになります。

ありのままの自分や他人を受け入れる

「なんでこいつの方がいいねの数が多いんだ」や「誕生日たくさん祝ってもらえていいな」など、他人を羨んだり、妬んだりする人は多いですよね。

自分も昔は友達ができなかったため、病むことが多かったです。このように他人へ嫉妬したり、自分を批判したりする人は、自分を受け入れられていません。

自己受容ができない人は性格が歪んでしまい、人間関係のトラブルを抱えやすくなります。このような人は自分を受け入れるところから始めましょう。

不完全な自分を受け入れ、自分に思いやりを持つのです。すると嫉妬の感情や自己批判がどんどん減っていきます。

私たちは人間のため、悩むことも失敗することもあります。大切なのは失敗や悩みを受け止め、改善するために努力することです。

ありのままの自分を認めると、他人を認められるようになります。「なんであいつは○○なんだ」と他人への批判や嫉妬がなくなっていくのです。

すると他人の幸福を心から祝えるようになります。自分を受け入れるには、この本を読んでみてください。

自分も不完全な部分や失敗を受け入れることによって、人生が大きく変わりました。また思いやりの念を育むと、自分に優しくなり、受け入れられるようになります。

外向的な行動をとっていく

コミュ力が高い人は、積極的に相手に声を掛けられます。そのため交友関係が広がり、様々な人と仲良くできるのです。

しかし内向的な人は、他人に話しかけるのに抵抗を感じます。すると人間関係のあらゆる可能性を逃してしまうのです。

その方には声をかける不安をなくすトレーニングをしていきましょう。「声をかけたら迷惑かも」と内向的な人は思いますが、実際はそうじゃありません。

むしろ声をかけられて嬉しいこともあります。例えば道を尋ねられた時に教えてあげるのは、それほど苦じゃないですよね。

よって他人に声をかける行為はあまり迷惑がられません。抵抗感をなくすためには、まず店員に声を掛けるところから始めてみましょう。

店員は仕事で接客するため、どんな状況でも対応してくれます。自分もカフェの店員におすすめを聞いてみることから始めました。

そして慣れたら段階を上げていきましょう。次は近所の人に挨拶をしてみたり、道を尋ねたりするのがいいかもしれません。

このように話しかけるプレッシャーが軽い順にミッションをこなすのがおススメです。すると声をかけるときの抵抗感が徐々になくなります。

スポンサーリンク

感謝の念を育む

感謝の念を育むと、利他的な行動がとれます。すると人間関係を豊かにできるのです。例えば、友達が欲しかったものをプレゼントしてくれました。

この時に友達に対して感謝を抱きますよね。「友達のために何かしてあげたい」と考えます。このように感謝には、他人のために行動させる役割があるのです。

1000人以上の学生を対象にした研究では、感謝の念が強い人ほど、深い人間関係を育み、友達と過ごす時間を楽しんでいました。

感謝を感じやすくするためには、日記がおススメです。些細なことでもいいので、「ありがたい」と感じた出来事を書き留めましょう。

要するに人間関係を充実させたいと悩んでいる方は、感謝を育むトレーニングをしましょう。

コミュ力を向上させるには

コミュ力を高めるトレーニング

・共感能力を高める

・不安を軽減する

・ありのままの自分を受け入れる

・外向的な行動をとる

・感謝の念を育む

いかがでしたでしょうか?今回は1人でコミュ力を高める方法について紹介しました。「コミュ障を治したい」と考えている方は、ぜひ試してみてください。

どれも根本的な要素のため、効果が出るには時間がかかるかもしれません。しかし改善できれば、一生の価値になります。

深い友達ができ、人間関係が充実するのです。自分も「友達がいない」と嘆いていましたが、現在はだいぶ豊かになりました。

コミュ力を上げたい方には、ぜひ試して頂きたい方法です。

スポンサーリンク

参考リスト

https://daigoblog.jp/drama-empathicability/

コメント

タイトルとURLをコピーしました