【仕事効率を高める休憩の仕方】作業効率を上げる休憩の条件

休憩の取り方能力を上げる
こんな方におすすめ

・長時間勉強できるようになりたい方

・仕事の作業効率を高めたい方

「長時間集中して、仕事や勉強を行いたい」という人は多いですよね。しかし人間の集中力は1時間程度しか続きません。

集中力を長持ちさせるには、ある工夫が必要なのです。それがしっかりとした休憩です。

ある条件を満たした休憩をすることによって、脳は休まります。ゆえに1日のうちに何度も集中力を発揮することができるのです。

そこで作業効率を上げる休憩の条件について解説します。この休憩を1時間ごとに取れば、私たちは何時間でも集中できます。

自分も休憩を取り入れることによって、読書や勉強を何時間も続けられるようになりました。

「長時間集中できるようになりたい」、「作業効率を上げたい」という方には、役立つ内容です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

頻繁にとる

休憩は30分毎や1時間毎など、こまめにとりましょう。私たちは長時間ぶっ続けで作業をすると、作業効率が大きく下がります。

しかし10分ほど休憩をとるだけでも、落ちた集中力を取り戻せるのです。そのため短い休憩はたまにではなく、頻繁にとる方が効率が上がります。

要するに少し疲れたと思ったら、すぐに休憩をはさむようにしましょう。

自然に触れる

自然に触れるのは、エネルギーを蓄えるのにとても有効な方法です。森や植物や河川に近づくことによって、私たちはリラックスできます。

さらに自然に触れると創造性も刺激されるので、良いアイデアも浮かびやすくなります。長時間の休憩をする際には、自然のある屋外で過ごすのが効果的です。

しかし「休憩中は外に出られない」という方もいると思います。その方は職場に観葉植物を置いてみましょう。

350人のオフィスワーカーを対象にした実験では、観葉植物を見ながら働くと、被験者の仕事効率が38%も増加しました。

観葉植物を部屋に置くだけでもいいので、休憩中は自然に触れるようにしてみましょう。

体を動かす

ずっと座りっぱなしの休憩は健康にも悪影響を与え、あまり効果がありません。休憩するときには体を少しでも動かしましょう。

短時間の休憩には、スクワットやウォーキングなど、軽めの運動をするのがおすすめです。

研究でも1時間に5分のウォーキング休憩をはさむことで、集中力の向上、気分の改善、疲労感の減少などの効果があることが分かっています。

休憩するときには寝転がるのでなく、軽めの運動を取り入れるようにしましょう。

誰かと触れ合う

休憩中は一人でいるよりも、誰かと触れ合った方が効果的です。特に有効なのが、誰と一緒にいられるのかを自分で選んだ場合です。

韓国の職場を対象にした研究では、同僚と仕事以外の話をすると、ストレスが減り、気分を良くなることが判明しました。

また仲のいい人と一緒に働くと、仕事のモチベーションが高くなるという研究もあります。よって職場で友達を増やすのは、仕事効率を高める方法の1つなのです。

誰かと一緒に働いている場合は、休憩時間を仲良い人と過ごしてみましょう。

スポンサーリンク

スマホは触らない

休憩とは、1つの対象に注意を向けず、何もしない状態を作ることです。よってスマホをいじってしまうと、その休憩は無意味になります。

スマホのようなスクリーンを見ると、脳は覚醒します。そのためスマホを見てしまうと、脳はリラックスできなくなるのです。

休憩中にスマホはNGです。ある研究では、休憩中にテクノロジーから離れると、活力が高まり、感情的な疲労が軽減することが判明しました。

休憩中はメールチェックなどを控えましょう。またどうしてもスマホがやりたくなったら、休憩とは別にスマホチェックの時間を儲けましょう。

仕事効率を高める休憩の方法とは

作業効率を上げる休憩の条件

・頻繁にとる

・自然に触れる

・体を軽く動かす

・仲いい人と雑談する

・スマホを使わないようにする

この条件を満たした休憩は、作業効率を大きく高めます。休憩をこまめに挟むことによって、長時間集中できるようになります。

しかし、このような休憩を取るのが難しい人も多いはずです。僕も一人で作業をすることが多いため、誰かと触れ合いながら休憩をとれません。

その場合は一つでも条件を、多く満すようにすれば大丈夫です。1時間おきに5分歩きまわったり、少し場所を離れたりするだけでも、大きな効果があります。

仕事の効率を高めたい方は、今日紹介したことをぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

参考文献(論文)

Bergouignan, Audrey, et al. “Effect of frequent interruptions of prolonged sitting on self-perceived levels of energy, mood, food cravings and cognitive function.” International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity 13.1 (2016): 113.

Kim, Sooyeol, YoungAh Park, and Qikun Niu. “Micro‐break activities at work to recover from daily work demands.” Journal of Organizational Behavior 38.1 (2017): 28-44.

Sianoja, Marjaana, et al. “Recovery during lunch breaks: Testing long-term relations with energy levels at work.” (2016).

Rhee, Hongjai, and Sudong Kim. “Effects of breaks on regaining vitality at work: an empirical comparison of ‘conventional’and ‘smart phone’breaks.” Computers in Human Behavior 57 (2016): 160-167.

コメント

タイトルとURLをコピーしました