【作業効率や集中力を爆上げする休憩】5つの条件

休憩の取り方能力を上げる

今日は作業効率を上げるためのリラックスの仕方について解説します。人間には集中できる時間帯とできない時間帯が遺伝子により決まっています。

集中できない時には無理に作業を続けるよりも休憩をはさんだ方が作業効率は向上するのです。では、どんな休憩が作業効率を上げるのでしょうか?今日はそれについて解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

頻繁にとる

休憩は30分毎や1時間毎など、こまめにとりましょう。私たちは長時間同じ作業を続けると達成目標を見失ってしまいます。しかし、一回作業場を離れ、休憩することでそれを防ぐことができます。

短い休憩はたまにではなく、頻繁にとる方が効果的です。少し疲れたと思ったら、すぐに休憩をはさむようにしましょう。

自然に触れる

自然に触れるのはエネルギーを蓄えるのにとても有効な方法です。森や植物や河川に近づくことによって私たちはリラックスできます。

また、自然に触れることで創造性も刺激されるので、良いアイデアも思い浮かびやすくなります。長時間の休憩をする際には、自然のある屋外で過ごすのが効果的です。

体を動かす

ずっと座りっぱなしの休憩は健康にも悪影響を与え、あまり効果がありません。休憩するときには体を少しでも動かしましょう。短時間の休憩にはスクワットやウォーキングなど軽めの運動をするのがおすすめです。

研究でも1時間に5分のウォーキング休憩をはさむことで、集中力の向上、気分の改善、疲労感の減少などの効果があることが分かっています。休憩するときには寝転がるのでなく、軽めの運動を取り入れるようにしましょう。

誰かと触れ合う

休憩中は一人でいるよりも誰かと触れ合った方が効果的です。特に有効なのが、誰と一緒にいられるのかを自分で選んだ場合です。

韓国の職場を対象にした研究でも、同僚と仕事以外のおしゃべりをすることがストレスを減らし、気分を良くする効果があることが判明しています。誰かと一緒に働いている場合はリフレッシュ休憩を仲良い人と過ごすようにしましょう。

スポンサーリンク

場所を離れる

心理的にも物理的にも仕事から離れて休憩する方がリラックスできます。休憩中は会社を離れて、仕事以外のことを考えるべきなのです。

また、テクノロジーから離れることによって活力を高め、感情的な疲労が軽減することも分かっています。休憩中はメールチェックなどをせず、離れた場所で仕事とは全く別のことを考えるようにしましょう。

オススメ本

1日のタイミングや人生のタイミングについて書かれた本です。「最高の1日にするにはいつ何をすればいいのか?」、「最高の人生を送るにはいつどんなことをすればいいのか?」などが科学的な根拠をもとにわかりやすく書かれています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

まとめ

作業効率を上げる休憩の条件

・頻繁にとる
・自然に触れる
・体を動かす
・誰かと触れ合う
・作業場から離れる

これが作業効率や集中力を爆上げする休憩の取り方5つの条件です。この条件を満たした最も効果的な休憩は仲良い同僚と会社から離れた公園で散歩しながら雑談することです。

しかし、このような休憩を取るのが難しい人もいると思います。僕も一人で作業をすることが多いため、誰かと触れ合いながら休憩をとることができません。

その場合は一つでも条件を多く満すようにすれば大丈夫です。1時間おきに5分歩きまわったり、少し場所を離れたりするだけでも大きな効果があります。

このような休憩をとることできっと皆さんの作業効率や集中力が上がります。今日紹介したことをぜひ使ってみてください。最後までご覧いただきありがとうございました。

参考文献

Bergouignan, Audrey, et al. “Effect of frequent interruptions of prolonged sitting on self-perceived levels of energy, mood, food cravings and cognitive function.” International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity 13.1 (2016): 113.

Kim, Sooyeol, YoungAh Park, and Qikun Niu. “Micro‐break activities at work to recover from daily work demands.” Journal of Organizational Behavior 38.1 (2017): 28-44.

Sianoja, Marjaana, et al. “Recovery during lunch breaks: Testing long-term relations with energy levels at work.” (2016).

Rhee, Hongjai, and Sudong Kim. “Effects of breaks on regaining vitality at work: an empirical comparison of ‘conventional’and ‘smart phone’breaks.” Computers in Human Behavior 57 (2016): 160-167.

コメント

タイトルとURLをコピーしました