仕事効率を上げるために【マネージャーがすべき7つのこと】

効率を上げる方法人を動かす

社員が効率よく仕事をするためにマネージャーは何をすればしょうか?今日は「マネージャーの最も大切な仕事」をもとに社員の仕事効率を上げるためにマネージャーがすべき7つのことをご紹介します。マネージャーだけでなく、効率的に仕事がしたい人にはとても役立つ内容です。ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、明確な目標

優れたパフォーマンスを発揮させるには明確な目標が不可欠です。目標は具体的に、達成可能な難しい目標にしましょう。目標を持つことによって社員のやる気は向上します。一方で目標が定まっていないと社員のやる気が沸きません。社員の仕事がどこに向かうのかをきっちり明確にしましょう。

2、自主性

社員に自主性を与えると創造的に仕事に取り組んでくれます。また、社員の自己効力感も上がります。みなさんも、裁量権を与えられた方がやる気が上がるはずです。一方で自主性が与えられていないと仕事に意味を見出せず、燃え尽き症候群になる確率が高くなってしまいます。マネージャーは社員の自主性を尊重しましょう。

3、リソースの提供

社員には十分なリソースを提供しましょう。社員のやる気が沸き、「尊重されている」という感覚を持ちます。汚い設備ときれいな設備だったらきれいな設備で仕事をする方が成果も上がります。設備、資金、データ、人脈へのアクセスは欠かさないようにしましょう。

4、十分な時間

厳しい締め切りの設定は社員のやる気や創造力を下げます。また、ネガティブな印象を与え、大きなストレスにもなります。締め切りを設定する場合は余裕を持たせ、大きなプレッシャーを与えないようにしましょう。

スポンサーリンク

5、仕事のサポート

社員は周囲の人間の助けを必要とします。完全に一人で作業をすると孤独感や寂しさで集中できなくなるのです。過度の心配はNGですが、困ったときに助けあえるような環境は作っておきましょう。

6、失敗と成功から学ぶ

人間は失敗から学び、成長する生き物です。しかし、失敗が許されない環境では社員は余裕をもって仕事ができず、創造力も発揮されません。一方で失敗の内容を共有できる雰囲気を作ることで社員全員がそこから学習し、成長することができます。社員が失敗から学習するためには心理的に安心できる環境が欠かせません。

スポンサーリンク

7、自由活発なアイデア交換

社員の意見の尊重こそが、自由で活発なアイデアを刺激します。一方で、批判や卑下が多いと、アイデアは委縮し、創造性が下がってしまいます。誰もが自由にアイデアを交換できるような安心した雰囲気と環境を作りましょう。

まとめ

「明確な目標設定」、「自主性」、「リソースの提供」、「十分な時間」、「仕事のサポート」、「失敗からの学び」、「自由なアイデア交換」は社員が効率よく仕事をするための7大要素です。この要素が満たされていないと、社員のやる気やパフォーマンスが下がってしまいます。社員の仕事効率を上げ、パフォーマンスを最大限に発揮させたい方はぜひこの7つを心がけてください。今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました